●業務紹介


●入会案内


●接続サービス


●オプション


●サポート



●サンプル集


●会員のページ




 


●ISDNについて




ISDNの設定の仕方
NanaNetではINS64の同期64Kbpsのみサポートしております。
インターネットの設定をする前に必ず「TA」の設定を行ってください。
                      
<Windows95の場合>
  1. TAの設定
    通常の外付けモデムと同じ要領で行います。
    TAとパソコンをRS232Cケーブルでつなぎます。パソコン側はcom1またはcom2のあいている方をお使いください。
    TAの電源を入れてからパソコンの電源を入れてください。
    自動的に「新しいモデム」を検出し必要なドライバのインストールの要求があります。
    TAに付属してあったFD(フロッピーデイスク)を入れFDからTAのドライバソフトをインストールしてください。
    同期64k、sync***64等(同期64kbps)のドライバをインストールしてください。
    モデムのところにTAのアイコンなどが表示されていればOKです。


  • インターネットの設定
    NanaNet接続マニュアルに従って設定してください。
    アナログモデムの要領と同じです。

    <MACの場合>
    必ずMAC対応のTAを購入してください。Win用のものではケーブル等があいませんのでご使用になれません。
    1. TAの設定
      通常の外付けモデムと同じ要領で行います。
      TAとパソコンをRS232Cケーブルでつなぎます。
      TAの電源を入れてからパソコンの電源を入れてください。

      TAに付属してあったマニュアルに従って同期64kを設定してください。
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      MACの場合インストーラ等はありませんので手動で設定してください。 モデムの設定と同じです。
      (ATコマンド、AT*********等のセットが必要です。 ”*”の部分はご使用のTAによって異なります。わからない場合はTAのメーカにお問い合わせ願います。)


  • インターネットの設定
    NanaNet接続マニュアルに従って設定してください。
    アナログモデムの要領と同じです。

    接続後すぐに切断されてしまう、接続できない
    最近NEC製、NTT(NECのOEM)製のISDN用TAの一部の機種でドライバソフト(infファイル)に不具合があり、接続後すぐに切断されてしまう現象があります。
    TAを正しく設定する必要があります。こちらをご参照ください。
    SUNTAC(サン電子)製TS128JXシリーズでTA本体不具合が発見されました。「接続後すぐに切断されてしまう」エラーがでてINS64接続ができません。
    対策は、TAのファームウエアを最新のものに入れ替えればOKのようです。
    最新ファームウエアは、こちらでダウンロード出来ます。




  • お問い合せはこちらまで

    NanaNetインターネット事務局:staff@nana.or.jp